ヒアロディープパッチ 使い方

ヒアロディープパッチの使い方を間違えるともったいない 正しく使ってマイナス5歳になる方法

ヒアロディープパッチは自宅でできるヒアルロン酸注射として人気のアイテムです。

 

 

クリニックに駆け込むより安くケアできるのが特徴なんですが、口コミを見ると「1回でふっくらした」「クマが気にならなくなった」「ピーンとなった」などの満足度の高いものと「変化なし」「途中ではがれた」など不満の声もあります。どうして評価が分かれるのか、というと使い方に問題があるようです。

 

ヒアロディープパッチの基本的な使い方

 

 

洗顔をしていつものスキンケアで肌を調えておく。

 

 

透明なケースに入ったヒアロディープパッチをシートから出しパッチをはがします。

 

 

ニードル(針)が並んでる面をケアしたい部分に密着させ貼ります。ニードル部分はさわらないように注意しましょう。

 

 

貼る部分は目の下、目尻、眉間、額、ほうれい線などがおすすめ。

 

このように使い方自体は簡単なのですが、効果をしっかりと出すためにはコツがあります。

 

ヒアロディープパッチの正しい使い方

 

刺すヒアルロン酸は塗るスキンケアと違って美容成分でできた針をしっかりと皮膚に刺すことがポイントです。

 

針と聞くと痛そうなイメージですが、わずか0.2ミリ前後の極小サイズなので少し刺激があるだけです。痛そうと思ってビクビクしながら貼ると針がうまく皮膚の奥に入らないことがあります。

 

そうなるとせっかくの有効性分が皮膚の表面で溶けてしまい奥に浸透してない‥‥というムダな結果に。皮膚の表面で溶けると有効成分が膜のようになって肌に貼り付いて残ってしまいます。

 

これはもったいないですね。しっかりと奥にいれるにはコツがあります。

 

 

 

style="font-size:18px;"


 

ヒアロディ―プパッチの効果を上げるコツ

 

 

 

ヒアロディープパッチは普通の目元シートのように貼っただけではダメです。一度軽く貼った後に、もう一度シートの上から2〜3回全体を押さえ針を奥にしっかりと刺しましょう。

 

 

 

角質層の奥までちゃんと入ったニードル(針)は約5時間かけてゆっくりと角層の中で溶け吸収されていきます。全て有効成分でできたニードルなので溶けてしまえば形はなくなるでしょう。

 

うまくいったな〜というポイントは翌朝シートをはがしたあと、皮膚の表面に有効成分の膜が出来ないこと。でも、ほんのちょっとだけ巻くができるという場合は時々あるかもしれません。正しい貼り方は何度もやってるうちにだんだん慣れてくるものです。

 

 

貼る前に油分があるスキンケアを使わない

 

「途中でシートが剥がれた・・・・」という口コミがありますが、これは油分の入ったスキンケアを使ってるのが原因、という可能性があります。油分が肌についてるとシートの接着度が低下するからです。

 

ヒアロディープパッチを貼る部分や周辺には油分のある化粧水やクリームなどは使わないようにしましょう。

 

貼る前に肌をしっかりと乾かしておく

 

オイルフリーの化粧品を使ってるのに剥がれた・・・という場合もあります。その原因はスキンケアをした後、乾いてない状態で貼ってしまった・・・・という可能性が。

 

 

水分が残ってるのに貼るとシートの接着度が弱くなってしまいます。オイルフリーのスキンケアをした後はしっかりと乾かしてから貼りましょう。

 

 

貼り直しをやってはいけない

 

 

貼るときは一気に貼りましょう。間違った‥‥と思いはがしてもう一度貼るのは効果を低下させたり、接着度が悪くなるのでタブーです。

 

 

もしはるばしょがちょっとずれていてもはがすのは我慢。貼り直すと接着度が弱くなり途中で剥がれる原因になります。

 

初めて貼る場合はうまくいかないかもしれないけど、2〜3回やってるうちになれてくるでしょう。

 

 

 

悩み別に貼り方を工夫して効果を上げる

 

 

ヒアロディープパッチは小じわだけでなく目袋のたるみやクマ、シミのケアもできるスグレモノです。その理由はいろんな悩みに対応する成分がたくさん含まれてるからです。一般の刺すヒアルロン酸はヒアルロン酸のみでできたニードル(針)です。

 

でも北の快適工房ヒアロディープパッチには細胞を元気にする成長因子やエイジング成分の代表、プラセンタエキス、ビタミンC、コラーゲンなども含まれています。だからいろんな悩みを解決に導いてくれるんです。

 

 

目の下や目尻の乾燥小じわに貼る時は気になるシワの上に貼ることで、有効成分やヒアルロン酸が吸収され水分が増えてふっくら。ふっくらした部分の小じわは目立たなくなるでしょう。繰り返し貼り続けることえ成長因子が働いて自らヒアルロン酸を生み出すように変えてくれるでしょう。

 

 

目元に貼る場合の注意点

 

目の際から3ミリほど離して貼りましょう。目の下すぐに貼るとシートが当たって際に刺激が加わることになります。目尻に貼る場合も際から離して貼りましょう。


 

目袋に貼る場合のポイント

 

目袋のたるみに貼るは膨らんでるう上に貼るとますますふっくらして目袋が目立つかも。目袋があるだけでかなり老けて見えるのでなくしたいものです。何もケアせずに放置してしまうと窪みの部分が深いシワになり定着してしまいます。深いシワができると改善が難しくなるので早めにケアしておきましょう。

 

 

私も目袋が悩みの種でしたので実際に使ってみましたが、目袋の下にある凹みの部分を中心にはりました。凹みに有効成分とヒアルロン酸が吸収されるとふっくらして目袋が目立たなくなりました。もちろん1回たった1回貼っただけで根本的に目袋の改善されるわけではありません。

 

目袋の原因はコラーゲンやエラスチンが減少して目のまわりにある脂肪などを支えられなくなるから。北の快適工房ヒアロディ―プパッチにはコラーゲンやエラスチンの生成を促す成長因子や生成をサポートするビタミンCが入ってるので継続使用でハリのある目元に導いてくれるでしょう。

 

成長因子は医療やクリニックでも利用されてる成分です。ヒアロディ−プパッチに配合されている成長因子はEGF(ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)とFGF(ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11)の2種類です。EGFは表皮の細胞を元気にしFGFは真皮層の線維芽細胞を元気にします。

 

⇒目袋に貼ったビフォーアフターの画像と体験談はこちら

 

おでこの横ジワや眉間に貼る場合の工夫

 

額の横ジワは乾燥小じわというより表情のクセでできる表情ジワの可能性があります。

 

この場合シワの上に貼ることでふっくらし目立たなくなりますが、横ジワがたくさんあると何枚も貼ることになるのでもったいない・・・・

 

 

そんなときの裏技があります。

 

それはシートを横半分に切って貼ること。1枚で2か所に使えるので経済的になりますよ。眉間に貼る時は縦半分に切って使うなど工夫できます。裏技を使ってお得にエイジングケアしましょう。

 

北の快適工房ヒアロディ―プパッチをお得に購入できるのは公式サイトです。

 

公式サイトでは3つの定期コースを準備してますが初めての場合は30日間の返金保証付きで縛りのないお試しコースが安心です。

 

⇒ヒアロディープパッチのお試しコースの価格と詳細を見てみる

 

 

スポンサーサイト

 

 

 

関連ページ

ヒアロディープパッチ アットコスメの口コミ
北の快適工房のヒアロディープパッチの口コミを紹介。本音満載のアットコスメでの評価はどうでしょうか?
ヒアロディープパッチ ほうれい線
北の快適工房のヒアロディープパッチはほうれい詮にも使える刺すマイクロニードルパッチです。効果はあるのか確認してみました。
ヒアロディープパッチ 効果なしの真実
ヒアロディープパッチは効果なしというのは本当?実際に使ってみて分かったことを暴露。
ヒアロディープパッチ 毎日
ヒアロディープパッチを毎日貼ると逆効果だったり副作用などの悪影響がある?ヒアロディープパッチを毎日貼ると副作用の心配があるのか気になったので調べてみました。
ヒアロディープパッチ 危険 悪評
ヒアロディープパッチのマイクロニードルは危険なの?悪評から確認.。ヒアロディープパッチは危険なのか悪評をチェックしてわかった真実を暴露しています。
ヒアロディープパッチ 男性
ヒアロディープパッチは男性が使っても効果なし?効果あり?ヒアロディープパッチは男性が使っても良いのか調べて分かった真実を暴露。
ヒアロディープパッチ 価格
ヒアロディープパッチの価格は3パターン。一番お得に購入できるヒアロディ―プパッチの価格を紹介してます。