電動ダーマスタンプとダーマペン

電動ダーマスタンプでセルフケア ペン型マイクロニードルでクリニックいらず

 

 

ダーマスタンプでセルフケア

 

電動のダーマスタンプは美容クリニックでも利用されている本格的なペン型マイクロニードルです。貼るタイプのヒアルロン酸シートパッチのニードル部分のサイズは長くても0.25ミリなので角質層の一番奥までしか届きません。ニキビ跡や深いシワは角質層よりももっと奥の真皮層がダメージを受けたり衰えている可能性があります。

 

真皮層の届くニードルの長さは1.5ミリは欲しいところです。それをかなえてくれるのがペン型の電動ダーマスタンプやダーマペンです。

 

 

ダーマススタンプのいいところはニードル(針)の長さを0.25〜2.0ミリの間で調節できることです。微細な針は皮膚に刺さることで刺激が伝わり自然な修復作用がスタートします。刺激を感じた皮膚が肌を早く元の状態に戻そうとターンオーバーが促進されます。そうするとコラーゲンをいつもより多く生成するように働くからです。

 

 

 

同時にコラーゲンや成長因子などががいった美容液を塗ることで浸透度が高まるというメリットもあります。塗った成分が針で空いた穴から入っていくんです。

 

 

 

皮膚の厚さや届きたいところに合わせて長さを自分で調節してケアすることができます。0.25ミリ単位という微妙な長さで調節できます。

 

 

クリニックより安くケアできる

 

ローラーを転がしてケアするダーマローラーもありますが、ハリが斜めに入るので貼り穴が目立つことになります。ダーマスタンプは針が垂直に刺さるのでダメージが少ないのが特徴。針の太さは髪の毛よりも細いので刺さった後も小さく目立たないです。さらに電動なので高速で動きケアが短時間ですみます。

 

このダーマスタンプをクリニックでやると安くて1回で2万円前後かかります。高いところだと1回30,000円前後。

 

 

電動ダーマスタンプ本体があれば自宅で自分で好きな時にケアできます。いくら髪の毛より細い針だと言っても自分で皮膚に針を刺すなんて不安、使い方に自信がない‥なんて場合は一度クリニックで施術をしてもらいやり方を確認しておくといいですね。

 

 

ダーマペンやダーマスタンプ、ダーマローラーのケアは毎日やってはいけません。理想的な頻度は1カ月に1回くらいです。交換用の針チップも通販で購入できますし安いのでうれしいです。

 

ケアした後のメイクや日焼け止めクリームなどは2日間は塗らないほうがいいそうです。外出などの予定がない休日にやると安心ですね。

 

 

電動ダーマスタンプの最安値はこちら
↓ ↓ ↓
電動ダーマスタンプ 日本語説明書付 12針タイプ替えチップ 3つ付 0.25ミリ-2.0ミリに調整可能 ダーマスタンプ ダーマペン マイクロニードル ニキビ跡 ダーマローラー たるみ 妊娠線 ニキビ 薄毛 ランキング 使い方 購入 送料無料 保証付