目の下のクマ

目の下のクマを取るマイクロニードルパッチ

 

 

目の下のクマ気になりませんか?

 

加齢だけでなく紫外線や刺激など原因は違うし改善方法はクマの色によって違います。

 

クマはどんな色でも老けて見える原因になるのでなるべく取っておきたいもの。

 

美容クリニックでの手術などで一気に取る方法もありますが費用が心配だし
忙しくてなかなか時間が取れないこともありますね。

 

 

だったら自宅でクマを取ってみませんか?

 

美表クリニックの美容注射なみの効果が期待できるかもしれない
マイクロニードルパッチの種類のよってクマをなくすことが期待できます。

 

 

目の下のクマの種類は大きく4つあります。

 

以前は黒クマ、茶グマ、青グマの3つだったのですが最近になって赤グマもプラスされました。
まずは自分の目の下にできたクマの色を確認し原因を知りましょう。

 

 

黒クマの原因と対策

 

 

目の下のクマが黒っぽい場合は黒クマです。原因は老化などで皮膚が乾燥したり
たるんだりして影ができることで黒く見えるもの。

 

 

皮膚を引っ張ると黒さが薄くなるので茶グマや青グマと違うことがわかります。

 

 

黒クマを悪化させないためには目の下の皮膚のたるみを改善すること。
たるみは目の周りにある眼輪筋がおとろえることでも起こりますから自分でできる
眼輪筋エクササイズをやったり美顔器で鍛えるなどができます。

 

無理にダイエットをして急に痩せたときも皮膚のたるみがおこるので注意。

 

眼輪筋を鍛えるだけでなく加齢によって生産が減少したコラーゲンやヒアルロン酸などの
美容成分を補充することも大切なポイントです。

 

補充するだけでなくコラーゲンやヒアルロン酸を生み出すに細胞を活性化させる
成長因子なども浸透mさせるとさらにいいでしょう。

 

 

マイクロニードルパッチで黒クマできる可能性があるのはヒアロディープパッチや
クオニス ダーマフィラーです。

 

 

どちらもヒアルロン酸やコラーゲンが含まれてますし、コラーゲン生成のサポートをする
ビタミンC遊動体も入っています。

 

特にヒアロディープパッチには細胞を活性化させると評判の成長因子が
2種類も入ってるのが特徴です。

 

 

>>>ヒアロディープパッチの詳細はこちら

 

 

茶グマの原因と対策

 

黒クマの次に目の下にできやすく目立ってしまうのが茶グマです。

 

茶グマがあると疲れて見えたり老けて見えるのであまりあってほしくないですね。

 

 

原因は何でしょうか?

 

茶グマにはメラニン色素が関わっています。

 

メラニン色素といってもいろんな原因で発生するものなので、どんなことで
出るのか知っていますか?

 

 

★皮膚のこすりすぎ

 

★紫外線ダメージ

 

★化粧品からの刺激

 

★ターンオーバーの乱れ

 

 

以上のことが原因でメラニン色素が発生し、茶グマになっていきます。

 

特に皮膚のこすり過ぎは花粉症のかゆみで無意識に目の周りをかいてしまったり
メイクを落とすときのクレンジングや洗顔などが関係してきます。

 

 

いつも、意識せずに行ってることですよね。

 

今日から意識してやるだけで悪化させずにすむでしょう。

 

 

マイクロ二―ドルパッチでは美白成分が含まれたものがいいです。

 

 

美白成分というと、まっさきに思い浮かぶのがビタミンCです。

 

ビタミンCを含んだマイクロニードルのヒアルロン酸シートって意外に少ないです。

 

その中でもお値段的に安いのはクオニス ダーマフィラーとヒアロディープパッチ。

 

ダーマフィラーは1回分のお試しが半額なので気軽にトライアルできます。

 

 

ヒアロディープパッチはボタミンC誘導体にプラセンタという美白に有効な成分が
入ってるので茶グマ対策には良さそうですね。

 

 

細胞を活性化させる成長因子も入ってるのでターンオーバーの正常化ができると
たまっていたメラニンの排出も期待できます。

 

>>>ヒアロディープパッチの詳細はこちら

 

 

 

青グマの原因と対策

 

目の下が青っぽくなっていると体が弱く見えたり疲れているように見えます。

 

見た目に損ですね。

 

青い色がなくなれば健康的に見えることでしょう。

 

原因は目の周りの血行不良です。

 

目の周りの皮膚は薄いのですが毛細血管が意外にたくさんありますので
血流が悪くなると血液がここに留まるので青く見えるということ。

 

 

対策は一つで血行促進ですから、温湿布をしたり軽くマッサージをして
血流をアップさせると薄くなっていき事があります。

 

でも始終、目元を温めたりマッサージしているわけにはいきませんね。

 

体を冷やさないように気を付けるのは基本ですが根本の体質を
変えるなども必要かもしれませんね。

 

血のめぐりを良くする食べ物を食べたり全身の血行がよくなるように
適度ない運動を習慣にしたり漢方薬もいいかもしれません。

 

 

スマホやパソコンなど画面を凝視するなど目の使い過ぎでも血流が悪くなるので
時々は目の体操などをして休ませましょう。

 

 

ラジオ波搭載の美顔器で皮膚の奥から温めるのも効果的です。

 

マイクロニードルパッチだと血流を促進させる成分が含まれてるものがいいです。

 

美容成分がたくさん含まれてるヒアロディープパッチがあります。

 

 

>>>ヒアロディープパッチの詳細はこちら

 

 

赤グマの原因と対策

 

 

最近わかった赤グマですが、これは青グマの軽い現象と言われます。
目の周りの血行が滞りつつあるという前兆ですね。

 

色だけでなく目の下が腫れて見えることもあるのが特徴です。

 

 

赤グマに気が付いたら早めに」対策をしておけば青グマに移行することが
少なくなるでしょう。

 

 

対策の仕方は青グマと」ほとんど同じです。

 

赤グマと青グマの原因はたかが血行不良と侮ってはいけませんよ。

 

目の周りの血行が悪化することを放置しておくと、ターンオーバーの低下や
乾燥などを招き、黒クマ、茶グマになったりシワができる原因になります。

 

 

さらに目の下がたるむことでゴルゴ線ができてしまい改善がむつかしくなるかもしれません。

 

 

どんなクマも目の周りのトラブルのサインだと察知して早めに対応しておきましょう。

 

 

黒クマ、茶グマ、」青グマ、赤グマなどすべてのクマを改善するにはどれも
ある程度の時間が必要になります。

 

その間はコンシーラーなどで隠しながらじっくりとケアしていき焦らないことです。

 

ちなみに美容クリニックでのクマのケア方法も紹介しておきますね。

 

ヒアルロン酸注射でたるみやしぼみ、へこみをなくす方法は黒クマに最適です。

 

 

メラニンが原因の茶グマにはレーザー治療でメラニンを一気になくす方法があります。

 

クリニックでもラジオ波での施術が受けられますので青クマ、赤クマにも対応できるでしょう

 

 

美容クリニックなら費用は掛かりますが全部のクマのケアが出来そうですね。