目の下のくぼみ

目の下のくぼみをなくし見た目年齢マイナス10歳

目の下のくぼみの原因

 

目の下のくぼみは、ぶたのたるみやくぼみと同じくらい老け顔に見えるこのになります。

 

たるみもくぼみもあってほしくないものですね。

 

目の下にはたるみのほうが多く出るような気がしますが、くぼみができる原因は
どんな事でしょうか?

 

 

眼輪筋の衰えと血行不良

 

 

顔には表情筋といってたくさんの筋肉が無数にあり様々な
顔の表情を作ってくれるもとになります。

 

 

目の周辺の表情筋は「眼輪筋」といい目の周りをぐるりと取り囲むように
入っており、まばたきをしたり目を見開いたリという目の動きを調節しています。

 

若いころはこの眼輪筋はしっかりしているので目はハリがありたるみやくぼみもありません。

 

でも体の筋肉のように加齢などで筋肉量が減ってきたリハリがなくなっていくため
たるみやシワなどの老化現象が出てきます。

 

 

老化現象だけでなく血行不良も眼輪筋に影響を与えますから
若い人でもたるみやくぼみが出てくる可能性がありますね。

 

若い人のたるみやくぼみなどに原因はスマホの見過ぎなどによる
眼輪筋の血行不良が多いのではないでしょうか?

 

眼輪筋の血行が悪くなると肩こりと同じように筋肉が凝ってしまいます。

 

その凝りが長期的に続くと筋肉の衰えにつながるのです。

 

時には眼輪筋体操などで血流アップを心がけなければいけませんね。

 

 

ほおのたるみにも注意

 

目の下のくぼみは眼輪筋の衰えだけでなく他の表情筋の衰えやたるみの
影響で目の周りの薄い皮膚が下に引っ張られてくぼみができることもあります。

 

特に目のすぐ下にあるほおもたるみには注意しましょう。

 

 

 

だから眼輪筋だけを鍛えたりケアするのではなく顔全体の表情筋を
鍛えたりケアしていくことも大切ですね。

 

 

 

目の下のくぼみの始まりはクマ?

 

目の下のくぼみは一気にできるわけではなく、その前兆というものがあるのを
知っていますか?

 

 

前兆の時にケアしておけばくぼみができずにすむかもしれません。

 

 

疲れたりすると目の下にクマが見えることがありませんか?

 

赤グマと青グマに注意

 

クマには原因が何種類かあり青グマ、黒グマ、茶グマ、赤グマです。
この中で赤グマと青グマがくぼみにつながる原因という可能性が考えられます。

 

 

赤グマと青グマの原因は血行不良ですから。

 

 

赤グマがひどくなると青グマに移行すると言われますので赤グマに気づいたら
毛の周りの血流をアップさせるマッサージや体操を心がけましょう。

 

 

黒クマは乾燥に注意

 

 

 

黒クマは乾燥が原因で小じわが影をつくり黒く見える物ですから
入浴したときや皮膚を引っ張った時には消えて見えなくなります。

 

乾燥した目の下にはヒアルロン酸を浸透させることが必要ですが肌の上から
塗るだけでは浸透しないのがヒアルロン酸です。

 

なぜかというと分子量が多いので浸透しにくいだけでなく水溶性の成分なので
表面にある皮脂に邪魔されて浸透しないというダブルの理由が有ります。

 

 

ヒアルロン酸注射がダイレクトに注入できて便利ですが、費用が掛かります。

 

そこで代わりになるのがマイクロニードルのンヒアルロン酸シート。

 

 

ヒアルロン酸注射より格安でクリニックにいかなくても自宅でできるので便利ですね。

 

最近はヒアルロン酸以外のプラセンタやコラーゲン、ビタミンC,成長因子などの
エイジング成分が含まれたニードルパッチが登場してるので肌改善が期待できます。

 

 

>>>エイジング成分配合のヒアルロン酸ニードルパッチはこちら

 

 

ヒアロディープパッチ