マイクロニードルパッチの貼り方 間違ってませんか?

マイクロニードルパッチの貼り方を確認

マイクロニードルパッチの貼り方で効果に差が!

 

 

マイクロニードルパッチはテレビでも紹介された最先端の医療技術でできたものです。本来は医療現場で使う為に開発されたので効果がありそうなイメージですが実際に使った人の口コミを見ると、ほとんどが変化を感じた人が多かったですが、なかには少ないですが効果をあまり感じなかった・・・というものがあります。

 

 

この差は個人差でしょうか?

 

 

個人差もあるかもしれませんが、貼り方に問題があるかもしれません。

 

貼り方が悪いと効果が半減

 

 

知ってるかもしれませんがマイクロニードルパッチのニードル部分は肉眼では確認が難しいくらいのとても微細な針でできています。注射のように金属でできた針ではなく刺す部分や求めるはたらきに適した成分を針の形に固めた物です。それが1枚のシートに500本から1,000本単位でついてます。

 

 

そのシートを皮膚に直接貼ると針状になっている成分が刺さるので刺激を感じます。マイクロニードルパッチは針の長さによって届く距離が決まります。たとえばニードル(針)の長さが0.2mmだったら角質層の一番深いところに届く長さです。しっかり刺されば角質層の奥に成分が導かれるということです。

 

 

でも貼るときにチクッと痛いかな〜とビビりながら貼ると針がしっかり刺さらず表面に出たままになるかもしれません。そうなると皮膚の内部で溶けて吸収されるはずの成分が肌の表面で溶けてしまうので効果がない、と感じるでしょう。

 

 

私自身も貼ってみたことがありますが、貼り方が悪いと有効成分が肌の表面に出て朝になると一枚の膜のように固まってます。簡単にはがすことはできますが、失敗したな〜と思います。固まった物が多いとそれだけの成分が内部に入らなかった、ということですから。

 

せっかくのマイクロニードルパッチですから失敗しないようにするには、一気にしっかりと貼ることです。貼ったあとに貼る位置が違った…と思い剥がしてもう一度貼りなおすというのはタブーです。だから一発勝負ですね。

 

貼ってしばらくして上から再度シートを押さえるのも良くない貼り方です。時間が経つとニードル部分は少し溶け始めてるので、そこで押さえると溶けた成分が肌の表面に出てしまうからです。

 

朝、起きてシートをはがした後の肌に塊のような膜がなかったら、成功!って喜びましょう。針の成分が皮膚の内部で溶けて吸収されたってことです。

 

 

 

マイクロニードルパッチの正しい貼り方

 

 

正しい貼り方を知ってマイクロニードルの働きを」最大限に高くしましょう。結局はシートパッチを思い切って一気に貼り、すぐに上からシート全体を軽く押さえニードルをしっかりと皮膚の中に刺すことです。上から押さえるのは貼ったすぐあとで、時間が経ってからは触らないようにしましょう。はがして貼りなおすのも厳禁!

 

 

貼った時にチクチクした刺激を感じるので初めてのときより、2回目、3回目に失敗することがあります。貼るときに躊躇してしまうからでししょう。チクチクがあればあるほど皮膚の中にニードルがしっかり入っている証拠になります。慣れてくると次第に骨がわかってくるので1回で効果を感じなかったり失敗してもすぐに判断せず長期的に使ってみましょう。

 

 

 

チクチク感ははニードル部分がが溶けはじめると少しずつ薄れていくので果てる間ずっと続くわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

マイクロニードルの歴史
マイクロニードルの歴史について分かりやすく説明しています
マイクロニードルは世界的特許取得
溶解型マイクロニードル葉国内だけでなくアメリカやEUなどの海外で特許を取得している革新的な技術です。
マイクロニードルの副作用
マイクロニードルの副作用についてについて分かりやすく説明しています