マイクロニードルの副作用

マイクロニードルの副作用について徹底調査

マイクロニードルの副作用

 

 

マイクロニードルの副作用について調査してみました。

 

 

マイクロニードルは日本語でミクロの針という意味なのです。

 

 

 

 

 

クリニックでヒアルロン酸注射をするかわりに人気になっていますが、直接皮膚に刺さるものなのでトラブルなどの房用は気になりませんか?

 

 

いろいろとしらべた結果、結論を先にいうと副作用はありません。

 

 

現在では美容関係にも利用されていますが本来は医療のために開発された物で利用する前にはかなり厳しい検査を通過してるからです。検査や実験は1回ではなく、いろんな方向や角度から繰り返し行って安全性を確認してます。

 

安全性を確認されたので、すでに乳幼児へのワクチン接種や糖尿病患者へのインシュリン摂取などで採用されて役だっています。赤ちゃんや幼児に使われるくらいですから安全性は信頼できますね。

 

 

このようにもともと医療分野で使われてきた技術を美容関係に応用しただけです。

 

 

今、医療や美容関係で利用されているのは溶解型マイクロニードルです。

 

 

これは日本で開発された世界初の技術として有名なことを知ってますか?

 

 

開発したのは京都にある大学発のベンチャー企業です。

 

 

溶解型マイクロ二ドルの特徴はニードル(針)に見えているものがすべて成分をかためたものだけでできているということです。

 

求める結果によって成分の内容を変えることもできます。

 

 

市販のヒアルロン酸シートパッチはヒアルロン酸をかためた物が主流ですね。

 

ヒアルロン酸などの有効成分は皮膚の中で自然に溶けて吸収されます。

 

金属、プラスチックの他、溶けない物は一切使ってないのも特徴で全て皮膚トラブルや副作用をおこさない成分を特殊な技術で針状に固めています。

 

 

だから肌に刺したあと、ニードル部分が折れてしまった・・・・・そんなときも安心です。針の形状をしていてもすべては皮膚に必要な成分で溶ける物ですから時間とともに溶けて吸収されるだけです。

 

 

 

 

ホンマでっか!?TVで紹介されました

 

 

マイクロニードルのヒアルロン酸シートパッチはテレビ番組で紹介されて一気に注目されるようになりました。

 

 

注射に変わるのがシートに数えきれないほどついている目に見えにくい針。

 

市販されているマイクロニードル式のヒアルロン酸シートには多いもので1000本ものニードルが並んでいると言われます。

 

肌悩みがある部分にシートを貼ることで1000本前後の針が皮膚の奥に刺さります。

 

抜て浸透を期待するよりもダイレクトに角質層の奥深くに針が入ります。

 

これは画期的な技術ですね。

 

 

痛みも気になります

 

 

 

針が刺さるから痛いのでは?と想像しますが肉眼では確認できないくらいのミクロン単位の極小サイズなので注射のような痛みはありません。

 

洋裁で使う金属の針とはまったくの別物だからです。

 

気になるサイズですが蚊の針と同じくらいというとわかりやすいですかね。

 

 

 

それでも1000本近いニードルが一気に入るのでチクチク感は感じるでしょう。

 

 

それがずっと続くわけではなく皮膚の内部で溶けることでチクチク感は和らいでいきます。

 

 

世界初の特許も取得した技術でできた針そのものが有効成分ですからたとえ折れても安心です。

 

 

それでも痛みや刺激の感じ方は個人差はあるでしょう。一度お試しできればいいですね。

 

 

>>>マイクロニードルパッチのお試しトライアル最安値はこちら

 

 

 

 

 

関連ページ

マイクロニードルの歴史
マイクロニードルの歴史について分かりやすく説明しています
マイクロニードルは世界的特許取得
溶解型マイクロニードル葉国内だけでなくアメリカやEUなどの海外で特許を取得している革新的な技術です。