マイクロニードルは世界的特許取得

溶解型マイクロニードル技術は世界的な特許を取得しています

溶解型マイクロニードルで特許取得

 

 

溶解がたのマイクロニードルは美容業界で大活躍。いろいろな化粧品メーカーが技術を生かして独自のシートパッチを発売中ですが、技術を提供しているのは
京都の薬科大学発のベンチャー企業「コスメディ製薬」がほとんどといっても言い過ぎではないでしょう。

 

もともと皮膚の中に入ってから針が溶ける溶解型マイクロニードルを開発したのがコスメディ製薬だからです。

 

世界に先駆けて開発したので日本国内だけでなく世界的な特許を取得しています。
日本国内では19件(出願中は11件)で海外ではアメリカ・EU・中国・韓国で9件(出願中の5件)。

 

世界に溶解型マイクロニードル技術を提供しています。

 

今後、もっと拡散していくことが期待できますね。

 

 

溶解型のマイクロニードルとは

 

 

現在、美容関係で人気の貼って刺す目元シートに利用されているのは溶解型マイクロニードルですね。

 

 

溶解という意味を調べてみると「気体、液体、固体である物質がほかの液体や固体に反応して溶けること。溶液になること」です。

 

 

マイクロニードルの場合は有効成分や美容成分を針状に結晶化した個体を肌に貼って刺すことで皮膚内にある水分に反応し溶解します。

 

皮膚の内部で美容成分などが溶けるので塗るよりも確実に角質層の深部に成分が届くというシステムですね.。直接、皮膚の奥に入るので無添加です。
肌に負担となる成分は結晶化していませんし皮膚に必要なものなので安心です。

 

 

針状に結晶化したマイクロニードルはミクロのサイズ

 

 

針というと注射器や裁縫に使うような金属をイメージしますが溶解型のマイクロニードルには金属やプラスチックなどは一切使っていません。針状に結晶化されてる有効成分だけです。だから溶けるとなにもなくなるんですよ。

 

 

結晶化されている有効成分はヒアルロン酸などの保水成分が基本ですが、最近は年齢が上がることで減少していくコラーゲンやビタミンC、プラセンタなどの美容成分も一緒に結晶化されたマイクロニードルパッチも登場しています。

 

 

シートを貼ると結晶化された針が皮膚の中に入るときにチクチクっとしますが、その刺激が逆にちゃんと入ってる感じがしてワクワクすると評判です。夜のスキンケアの後に貼って寝るだけで翌日には即効性を確認できた人が急増中。

 

 

 

新感覚の集中保湿で気になるしぼみ肌も小じわもふっくら。

 

 

開発したのはコスメディ製薬

 

 

 

この」溶解型マイクロニードルを開発したのは京都の薬科大学からできたベンチャー企業「コスメディ製薬」という製薬会社です。代表取締役は神山文男博士。
すでに10年以上の研究の実績がありマイクロニードル技術開発の先駆けで、たくさんの論文をか発表しています。

 

もとも医薬品の開発で手掛けた溶解するマイクロニードル技術ですが現在は大手化粧品メーカーとのコラボも実現して新しいシートパッチが登場しています。メーカーによって結晶化された有効成分が違うのが特徴です。もちろんお値段も全く違いますね。技術や成分がほとんど同じでも大手メーカーになると価格が高くなっているように感じます。

 

 

コスメディ製薬の実績

 

 

コスメディ製薬は開発した溶解型のマイクロニードル技術で様々な賞を受賞し実績を積み上げています。

 

これまで受賞して賞はこちら

 

・グッドデザイン賞

 

・日本バイオベンチャー大賞

 

・フジサンケイビジネスアイ賞

 

・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)長官賞

 

・第27回中小企業優秀新技術・新製品賞

 

 

このようにコスメディ製薬の溶解型マイクロニードルは様々な分野で優れた技術として承認。

 

現在は国内にとどまらず世界中の化粧品や医薬品メーカーと共同研究も実現しています。

 

 

コスメディ製薬のマイクロニードルパッチ

 

 

溶解がたのマイクロニードルを開発したコスメディ製薬は大手メーカーに技術を提供するだけでなく独自のシートパッチも販売中です。
それが女優の川原亜矢子さんも愛用しているクオニス ダーマフィラーというマイクロニードルパッチです。

 

マイクロニードル初心者にはとってもお得なキャンペーンをしてますよ。
初回限定お試しトライアルが半額です。

 

 

 

>>>ダーマフィラーお試しトライアル半額の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

関連ページ

マイクロニードルの歴史
マイクロニードルの歴史について分かりやすく説明しています