マイクロニードルとは

マイクロニードルとは

 

マイクロニードルについてわかりやすく解説

 

 

美容クリニックのヒアルロン酸注射よりも格安で角質層の深部に成分を
ダイレクトにとどけることができるマイクロニードル技術。

 

 

期待できる効能、効果は?気になる副作用は?

 

いつ開発されたの?歴史は?などマイクロニードルについて説明しています。

 

 

 

マイクロニードルとは

 

 

マイクロニードルのことをもっと詳しく知るために、まず訳してみました。
マイクロとは1000分の1ミリメートルのこと。ニードルは針や突起という意味です。

 

 

マイクロサイズの針のことですが針の素材は色々です。

 

ココでは美容業界に利用されている「溶解型マイクロニードル」について調べたことを書いてます。

 

マイクロニードルとはマイクロサイズの有効成分だけでできた超微細な針が付いたシート状のパッチを
皮膚に直接はりつけることで針の突起部分が角質層の深部まで届くドラッグデリバリーシステムです。

 

 

必要な成分が針状に固められた針で、皮膚内に入った後は体温で自然に溶けて
奥まで浸透していくという仕組みです。

 

 

針の長さは神経には届かないので痛みはほとんどないと言ってもいいでしょう。

 

 

美容業界で利用する以前から乳幼児のワクチン摂取や糖尿病のインシュリン投与などで役立っています。

 

 

 

マイクロニードルとは記事一覧

マイクロニードル技術はいつから?ダーマフィラー、ヒアロディ―プパッチというヒアルロン酸シートパッチなどで生かされているマイクロニードル技術はいつから始まったのでしょうか?その歴史的な背景や進化について説明しています。マイクロニードルの歴史についてここではマイクロニードルはいつから始まり7、どのように進化してきたのか、を簡単に説明しています。マイクロニードル歴史1976年にそのアイデアが報告されたマ...

溶解型マイクロニードルで特許取得溶解がたのマイクロニードルは美容業界で大活躍。いろいろな化粧品メーカーが技術を生かして独自のシートパッチを発売中ですが、技術を提供しているのは京都の薬科大学発のベンチャー企業「コスメディ製薬」がほとんどといっても言い過ぎではないでしょう。もともと皮膚の中に入ってから針が溶ける溶解型マイクロニードルを開発したのがコスメディ製薬だからです。世界に先駆けて開発したので日本...

マイクロニードルの副作用マイクロニードルの副作用について調査してみました。マイクロニードルは日本語でミクロの針という意味なのです。クリニックでヒアルロン酸注射をするかわりに人気になっていますが、直接皮膚に刺さるものなのでトラブルなどの房用は気になりませんか?いろいろとしらべた結果、結論を先にいうと副作用はありません。現在では美容関係にも利用されていますが本来は医療のために開発された物で利用する前に...

マイクロニードルパッチの貼り方で効果に差が!マイクロニードルパッチはテレビでも紹介された最先端の医療技術でできたものです。本来は医療現場で使う為に開発されたので効果がありそうなイメージですが実際に使った人の口コミを見ると、ほとんどが変化を感じた人が多かったですが、なかには少ないですが効果をあまり感じなかった・・・というものがあります。この差は個人差でしょうか?個人差もあるかもしれませんが、貼り方に...

マイクロニードルパッチはおでこにも貼れます気になるシワやたるみに直接貼ってダイレクトにヒアルロン酸を注入することができるマイクロニードルパッチは使える範囲が意外に広く、おでこにも貼れますよ。私のおでこには10代のころからくっきりした横ジワが頑固に存在しているわけですが美顔器や最先端の美容液を使っても消えてくれません。特に年齢があがることで横ジワができやすいところなので老け顔の原因になりますよね。こ...