マイクロニードルとは

マイクロニードルとは

 

マイクロニードルについてわかりやすく解説

 

 

美容クリニックのヒアルロン酸注射よりも格安で角質層の深部に成分を
ダイレクトにとどけることができるマイクロニードル技術。

 

 

期待できる効能、効果は?気になる副作用は?

 

いつ開発されたの?歴史は?などマイクロニードルについて説明しています。

 

 

 

マイクロニードルとは

 

 

マイクロニードルのことをもっと詳しく知るために、まず訳してみました。
マイクロとは1000分の1ミリメートルのこと。ニードルは針や突起という意味です。

 

 

マイクロサイズの針のことですが針の素材は色々です。

 

ココでは美容業界に利用されている「溶解型マイクロニードル」について調べたことを書いてます。

 

マイクロニードルとはマイクロサイズの有効成分だけでできた超微細な針が付いたシート状のパッチを
皮膚に直接はりつけることで針の突起部分が角質層の深部まで届くドラッグデリバリーシステムです。

 

 

必要な成分が針状に固められた針で、皮膚内に入った後は体温で自然に溶けて
奥まで浸透していくという仕組みです。

 

 

針の長さは神経には届かないので痛みはほとんどないと言ってもいいでしょう。

 

 

美容業界で利用する以前から乳幼児のワクチン摂取や糖尿病のインシュリン投与などで役立っています。

 

 

 

マイクロニードルとは記事一覧

マイクロニードル技術はいつから?ダーマフィラー、ヒアロディ―プパッチというヒアルロン酸シートパッチなどで生かされているマイクロニードル技術はいつから始まったのでしょうか?その歴史的な背景や進化について説明しています。マイクロニードルの歴史についてここではマイクロニードルはいつから始まり7、どのように進化してきたのか、を簡単に説明しています。マイクロニードル歴史1976年にそのアイデアが報告されたマ...