ヒアロディープパッチ ほうれい線

ヒアロディ―プパッチはほうれい線にも使えるけど効果あり?なし?



 

ヒアロディ−プパッチでほうれい線対策

 

口の周りの年齢サイン「ほうれい線」にあきらめていませんか?

 

ほうれい線の悩みもヒアロディープパッチなら解決してくれるかも。

 

目の周りに貼ってシワやちりめんジワを薄くすると注目されてるヒアロディープパッチですが、なんとほうれい線にも貼ってケアできることがわかりました。ほうれい線にも貼りやすい形状になっています。販売元でもモニター調査を行い、ほうれい線にも貼ってもらう実験をしてうれしい実感の反応があったそうです。

 

本当に効果があるのか、こちらでしらべてみたことっを書いています。

 

 

詳しい情報を早く知りたいならこちら
↓ ↓ ↓
口周りの年齢サインに『ヒアロディープパッチ』

 

 

ヒアロディ―プパッチはモニター調査でほうれい線に使っても効果が期待できる、という結果が出ていますが、すべてのほうれい線に良い結果が出るとは限りません。シワの状態によって違うからです。特にまだ深く刻まれていない浅いほうれい線には効果的でしょう。マイクロニードルの技術で普段は届きにくい角質層までヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCなどの有効なものが届くからです。

 

ヒアロディ―プパッチの針の長さは0.2ミリなので一般的な人の角質層の一番深いところに届く長さです。浅いほうれい線のシワは表皮部分にとどまっているのでマイクロニードルのパワーは効果的でしょう。

 

 

でも深くなってくると表皮を超えて真皮層までシワが刻まれてる可能性が大きいので、せっかくの有効な成分も真皮層までは届きにくいでしょう。から深いほうれい線にマイクロニードルパッチやヒアロディ―プパッチをつかっても効果があまり感じられない・・ということが。ヒアロディ―プパッチのマイクロニードルをほうれい線に使用する前に自分のシワの程度を確認しておきましょう。

 

浅いほうれい線と深いほうれい線の見分け方

 

自分の口元に刻まれたシワやほうれい線が表皮にとどまった浅いものか真皮層まで刻まれた深いものかを見分ける簡単な方法があります。

 

 

入浴して肌に水分がたっぷりあるときや指でシワを伸ばすと目立たなくなる

 

 

この場合は乾燥や表情のクセが原因できた浅いしわなのでヒアロディ−プパッチで目立たなくすることが期待できます。

 

 

入浴して肌に水分があるときも指でシワを広げてもシワが消えない

 

こちらは真皮層まで刻まれたン深いほうれい線になってるので、コラーゲンやビタミンC誘導体、FGFなどのハリ改善に有効な成分を含んでいるヒアロディ−プパッチでも改善は難しいかもしれません。ニードルの長さが真皮層まで届かないからです。深いシワは真皮層に存在するハリのもとになるコラーゲンやエラスチンなどが加齢やダメージなどで減少したことが原因。真皮層の深さは2〜3ミリなので到達させるために必要なニードル(針)の長さは2ミリ以上と言われます。ヒアロディ―プパッチの長さは0.2ミリです。

 

さらに真皮層はコラーゲンなどの有効な成分を肌の上から塗るだけでは届かないので真皮層まで届く針の長さを使用できる針野長さが0.25〜2.5ミリまで調節できる電動ダーマスタンプを使うか美容クリニックでヒアルロン酸やコラーゲンを直接注入するほうが効果的でしょう。

 

 

 

ヒアロディープパッチでほうれい線対策まとめ

 

 

ほうれい線対策にマイクロニードルが効果的なのは表皮にとどまった状態の浅いシワです。真皮層まで深く刻まれているほうれい線には電動ダーマスタンプ、ダーマペンや直接コラーゲンやヒアルロン酸などを注射で注入するほうが効果的です。浅いシワの時やくっきりしたシワにしないために予防としてほうれい線に貼るのは良いでしょう。

 

 



関連ページ

ヒアロディープパッチの口コミ アットコスメはどう?
北の快適工房のヒアロディープパッチの口コミを紹介。本音満載のアットコスメでの評価はどうでしょうか?
貼るコラーゲンパッチで目の下ふっくら
ヒアロディープパッチは貼るコラーゲンパッチです。ニードル部分にコラーゲンが配合されているからです。刺すことで奥までコラーゲンが入ります。