目の下のシワ

目の下のシワ 原因と改善方法

目の下にシワができるのはなぜ?

 

 

目の下など目元まわりはシワやたるみ、クマなどの様々な悩みが他の部位よりも早くに出てきますね。わかりやすくいえば老化現象やエイジングサインが一番に現れる場所といっても言い過ぎではないでしょう。

 

 

このように目元は早くエイジングサインが現れ悩みのもとが多い部位ですがそれはなぜでしょうか?

 

ダメージを受けやすい

 

一番の原因は皮膚の厚さがとても薄いことです。さらに皮脂線も少ないことが原因です。薄くて皮脂腺が少ないとすぐに乾燥や紫外線ダメージの影響をすぐに受けてしまい、水分不足になりシワができやすくなります。

 

刺激が加わる

 

 

目の周りのアイメイクをちゃんと落とそうとクレンジングなどでゴシゴシしたり洗顔の際にこすり過ぎることも肌に負担になってシワができやすくなるでしょう。クレンジング藻洗顔の時も目元は特にやさしくソフトに扱うことが大切です。洗顔後も頬や額などの部位以上の保湿をしなければならないところです。

 

 

目の使い過ぎ

 

パソコンやスマホのやり過ぎで一点を凝視する時間が長すぎると血流が悪くなりシワの原因に。コンタクトレンズの装着も影響があるといわれます。一点凝視の時間が続くと、知らず知らずのうちに瞬きの回数が少なるなります。そうなると眼輪筋などの筋肉の働きが低下してきて、たるみやすくなり放置することでシワに移行することもあります。

 

 

老化や表情筋の衰え

 

年齢が高くなるとどうしてもコラーゲンやエラスチンなどのハリ成分の生成量がすくなくなり目の周囲の皮膚や脂肪を支える力が低下します。もともと脂肪などが多いと支えられ皮膚が下に下がりシワにつながってしまうでしょう。

 

表情のクセ

 

視力が弱いと、どうしても本や新聞などの文字を見るときに目を細くしてみようとすることがありますよね。加齢で老眼になった時も同様です。目を細めるということが繰り返されると皮膚にクセが付きシワになるということです。目が見えにくいな、と思ったら無理をせずメガネなどを装着しましょう。

 

 

目の下のシワを改善するには

 

 

このように目の下にはシワができやすいので日ごろから必要以上のケアをしっかりとやって、出来ないようにすることが基本です。もしできてしまった時の改善方法を簡単に書いておきましょう。

 

 

アイクリームで乾燥させない

 

 

目のまわりは皮膚が薄いのですぐに乾燥してしまいます。皮膚が厚いところと同じようなケアではダメで専用のクリームなどでしっかりと保湿し乾燥を防ぎましょう。スマホなどのやり過ぎで血流が悪くなっている場合は眼精疲労を解消するためのストレッチやエクササイズを時々やりましょう。

 

特に眼輪筋エクササイズは筋肉の衰えからくるたるみやシワ予防にもなります。

 

 

皮膚が薄いと紫外線の影響がすぐに表れるので日焼け止めを塗ることを忘れないことです。外出時はサングラスの着用もおすすめです。水分が不足することでできえる乾燥シワを即効で目立たなくするにはマイクロニードルのヒアルロン酸シートを貼ることです。

 

ヒアルロン酸などの美容成分だけで出来た針がびっしりとシートに並んでいるパッチを夜貼って7朝はがせばいつものより水分がたっぷりあるので小じわが目立たなくなります。
⇒マイクロニードルのヒアルロン酸シートパッチの詳細はこちら