ユビキノン

ユビキノンがヒアロディープパッチに配合されてる理由

ユビキノンが刺すヒアルロン酸シート【ヒアロディ―プパッチ】のニードル部分に含まれていることがわかりました。あまりなじみのない成分ですので、どうして利用されているか理由を調べてわかりやすくまとめています。

 

ユビキノンはコエンザイムQ10のこと

 

 

ユビキノンは人気のコエンザイムQ10のことです。医薬品としては認可されてますが化粧品に配合された場合はユビキノン。紛らわしいですね。

 

高い抗酸化の働きが期待できるのでコエンザイムQ10のサプリメントが良く売れた時期があります。

 

 

化粧品に配合された場合には抗酸化作用や保湿が期待できます。また高い抗酸化力があるビタミンEが活性酸素を除去した後のサポートもしてくれます。

 

抗酸化というのは老化を促進させる活性酸を除去する働きのこと。活性酸素が除去できなければシワやシミ、たるみなどの肌悩みが増えると言われます。

 

ビタミンEというとトコフェノールとも表記されます。刺すヒアルロン酸のヒアロディ―プパッチにはトコフェノールも含まれています。この2つのがちゃんと働いてくれればダブルの抗酸化が期待できますね。

 

 

 

 

もともとは心臓の薬として1970年代から使われてきた成分ですが人間ならだれでも生まれたときから酵素をサポートするという役割で体内に持ってます。

 

でも20代を超えると減少していき老化が早まることに。そこで外から補うことで抗酸化や保湿をサポートを期待。

 

さらにマイクロニードルに配合することでダイレクトに奥に注入。早く働いてくれる可能性が高まります。

ユビキノンの効果と副作用

ユビキノンに期待できる効果

 

ユビキノンというよりコエンザイムQ10という呼び方の方が一般的でしょう。ユビキノンは一時、大ブームになったコエンザイムQ10のことです。

 

どの人の体内にももともと存在するビタミン様物質です。高い抗酸化作用を持っているといわれています。

 

抗酸化作用というのは呼吸をするだけで体内に発生する活性酸素を除去する性質があります。

 

 

活性酸素のことのわかりやすく言うとシワやたるみ、シミなど肌の老化の原因にもなる物質のこと。

 

 

活性酸素はメラニンの分泌ともかかわりがあるのでシミ予防にも活躍してくれることが期待できるでしょう。

 

 

さらに血行促進の働きもあると言われています。

 

ユビキノン(コエンザイムQ10)は体内で合成されるのですが年齢が高くなると生成量は減少していきます。

 

 

外から補うことで老化防止に役だつのでは、と考えられて化粧品に配合されています。

 

 

ユビキノンの気になる副作用

 

ユビキノン7(コエンザイムQ10)はもともと医療分野で心臓の治療薬として使われてきたものです。老化にブレーキをかける抗酸化作用があるとわかり、サプリメントとして経口摂取することが一時ブームになっていました。

 

 

口から体内に取り入れることもある成分なので基本的には安全性は高いです。

 

 

経口摂取の場合は過剰に取り入れると胃腸障害や吐き気などの副作用がある、とも言われます。

 

医薬品であったユビキノンは2004年の厚生労働省が化粧品に配合することを認可しました。

 

認可はされましたが効果や効能があるとは断言してはいけないことになっています。

 

化粧品に配合されてるものには、そのような心配はなくいまのところ副作用やトラブルがおきたという報告もないので安心です。

 

それでも肌にはそれぞれ体質などの個人差があり、体調によっても変化することがあります。普段、何ともなくても季節の変わり目や体調が悪いときには何等かの反応が起こるかもしれませんので初めての使用の際はパッチテストをしておきましょう。

 

 

>>>ユビキノンを配合してる貼るヒアルロン酸シートはこちら

関連ページ

ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディーウパッチ」に配合されている成分の一つヒト遺伝子組換ポリペプチド-11について解説。
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1とは。マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」に配合されている美容成分の効果と副作用を紹介。
ヒアルロン酸Na
マイクロニードルパッチのニードル(針)の部分に含まれている成分について効果と副作用を調べてみました。
加水分解コラーゲン
加水分解コラーゲンは貼って刺すヒアルロン酸シート ヒアロディ―プパッチの針に含まれてる成分です。どんな効果が期待できるのか副作用はないのかチェックしてみました。
プラセンタエキス(ウマ由来)
プラセンタエキス(ウマ由来)は貼って刺すマイクロニードル式のヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」の針に含まれれている成分です。どんな効果があり副作用がないのかわかりやすく説明しています。
アデノシン
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されている美容成分アデノシンに期待される効果と気になる副作用を調べました。
マンニトール
ヒアロディ―プパッチのニードルや化粧品に含まれている成分、マンニトールの効果と副作用についてわかりやすく説明しています。
アスコルビン酸Na
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されているアスコルビン酸Naについて効果と副作用をわかりやすく検証しています。
トコフェロール
トコフェロールはマイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されている美容成分です。 どんな効果があるのか副作用はないのか調べてまとめています。