トコフェロール

トコフェロールの効果と副作用

トコフェノールは刺すヒアルロン酸と言われるマイクロニードルのトリートメントパッチの針に含まれている成分の一つです。どんな効能や効果を期待して配合されているのか、トラブルや刺激、副作用の心配はないのかを調べてみました。

 

トコフェロールとは

 

トコフェノールはビタミンEのことです。トコフェノールといっても天然ものと合成のものがあり天然ものは4種類に分かれますが、現在はそれらをまとめて「トコフェノール」と表記されます。

 

ビタミンEというと油溶性の成分なので基本的に水には溶けにくくオイルに溶けやすく化粧品に配合される場合はクリームや乳液に配合される傾向が高いです。

 

トコフェノールに7期待できる効果

 

 

ビタミンE(トコフェノール)にはどんな効果が期待できるでしょうか?

 

 

・抗酸化作用
・血行促進

 

 

などが主な働きです。

 

 

抗酸化作用というのは、老化につながる活性酸素を除去する働きのことです。抗酸化作用というとビタミンCが有名ですがビタミンEの方が強力と言われます。皮膚に発生する活性酸素が除去されれば肌老化を予防しシミやシワ、くすみ、たるみなどの発生を抑制してくれることが期待できます。

 

もう一つの血行促進作用で新陳代謝のアップ、ターンオーバーの促進などが期待できます。加齢や乾燥、ダメージなどで衰えた肌がビタミンEのおかげで元気になるでしょう。

 

このようにビタミンE(トコフェノール)は肌にとって良い働きをするので多くの化粧品に配合されています。

 

 

トコフェノールの副作用

 

トコフェノールとは危険ではないでしょうか。肌への良い効果が期待できることがわかりましたが、肌への負担や刺激、副作用などの心配はないのか確認しました。

 

 

ビタミンEはその強力な抗酸化作用でサプリメントでも若返りなどで人気の成分ですし食品へも酸化防止剤として添加されることもあります。

 

最初に書いたように天然と合成のものがありますが、化粧品は合成のものが配合されることが多いです。天然ものの方が良いイメージがありますが天然の場合は原料になるのが大豆などですが、最近は遺伝子組換えなどの心配もあるので合成の方が安心、という考え方はあるでしょう。

 

 

副作用についていろいろと調べたのですが見当たりません。現在のところ肌トラブルや副作用が起きたという情報も見当たりませんでした。基本的にアレルギーや副作用の心配はないですが肌には個人差があり体調によっても変化するもので100%安全というものはないので、デリケートな肌質は敏感になってるときはあらかじめパッチテストをやって肌に合うか確かめておくことをお勧めします。

 

 

⇒トコフェノールを配合した刺すヒアルロン酸パッチはこちら

 

スポンサーサイト

関連ページ

ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディーウパッチ」に配合されている成分の一つヒト遺伝子組換ポリペプチド-11について解説。
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1とは。マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」に配合されている美容成分の効果と副作用を紹介。
ヒアルロン酸Na
マイクロニードルパッチのニードル(針)の部分に含まれている成分について効果と副作用を調べてみました。
加水分解コラーゲン
加水分解コラーゲンは貼って刺すヒアルロン酸シート ヒアロディ―プパッチの針に含まれてる成分です。どんな効果が期待できるのか副作用はないのかチェックしてみました。
プラセンタエキス(ウマ由来)
プラセンタエキス(ウマ由来)は貼って刺すマイクロニードル式のヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」の針に含まれれている成分です。どんな効果があり副作用がないのかわかりやすく説明しています。
アデノシン
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されている美容成分アデノシンに期待される効果と気になる副作用を調べました。
マンニトール
ヒアロディ―プパッチのニードルや化粧品に含まれている成分、マンニトールの効果と副作用についてわかりやすく説明しています。
アスコルビン酸Na
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されているアスコルビン酸Naについて効果と副作用をわかりやすく検証しています。