アスコルビン酸Na

アスコルビン酸Na

アスコルビン酸Na(アスコルビン酸ナトリウム)は食品添加物にもなってる成分です。

 

もちろんいろんな化粧品にも利用されているものです。アスコルビン酸というのはビタミンCのことですが、化粧品にアスコルビン酸のままで配合するのはとても高い技術が必要です。

 

 

その理由は純粋ビタミンCは空気に触れるだけで壊れてしまうデリケートで不安定な成分だからです。

 

化粧水や美容液に配合する場合は安定化させなければいけません。そのためアスコルビン酸(ビタミンC)に違う成分をプラスして安定化させたものが一般的に言われているビタミンC誘導体のことです。

 

 

アスコルビン酸Naはアスコルビン酸にナトリウムをプラスして合成した水溶性のビタミンC誘導体で安定型ビタミンC誘導体とも言われます。

 

医薬部外品としてもリン酸L-アスコルビルナトリウムとして承認されております。

 

 

このアスコルビン酸Naを配合している刺すヒアルロン酸パッチはヒアロディープパッチです。

 

アスコルビン酸Naのメラニン抑制や抗酸化力、抗炎症作用、コラーゲン生成サポートなどの働きが皮膚の内部にストーレートに届けられることになるので塗るスキンケアより効果的。アスコルビン酸ナトリウムはビタミンCの働きをするので美白作用も同時に取り入れることができ、いろんな意味で美肌に導いてくれる美容成分です。

 

 

ここでアスコルビン酸ナトリウムに期待できる効果をピックアップしておきましょう。

 

 

・メラニン抑制
・メラニン還元
・新陳代謝アップ
・抗酸化作用(抗老化)
・抗炎症作用
・コラーゲン増量サポート
・皮脂分泌過剰の抑制

 

 

 

アスコルビン酸Naは水溶性の誘導体なので即効性が期待できる反面、油溶性に比較すると肌に塗るだけでは浸透力が低いと言われます。

 

なぜかというと水溶性の成分は肌の表面にある皮脂膜という皮脂でできた脂分によってはじかれやすいからです。バリア機能にも邪魔されます。

 

 

だから普通の化粧水など煮配合されていても浸透しにくく肌の表面に留まってしまいがちで乾燥を引き起こす原因になると言われます。

 

その浸透度の低さを補うのがマイクロニードル技術です。

 

皮脂膜やバリア機能を突破して直接、角質層に導入されるわけですから肌の表面ちとどまったまま、という状態が少なく無駄がありません。

 

 

アスコルビン酸Naの副作用

 

さらにビタミンC誘導体が肌にちゃんと浸透せずに皮膚の表面に留まったままになると乾燥や刺激を感じる可能性があります。

 

 

でもマイクロニードルでは直接、内部の角質層まで導入するので乾燥や刺激を感じる可能性はかなり低くなるでしょう。

 

基本的にはアレルギーや副作用の情報はなく安心できる成分です。

 

⇒アスコルビン酸Naを配合した刺すヒアルロン酸パッチはこちら

関連ページ

ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディーウパッチ」に配合されている成分の一つヒト遺伝子組換ポリペプチド-11について解説。
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1とは。マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」に配合されている美容成分の効果と副作用を紹介。
ヒアルロン酸Na
マイクロニードルパッチのニードル(針)の部分に含まれている成分について効果と副作用を調べてみました。
加水分解コラーゲン
加水分解コラーゲンは貼って刺すヒアルロン酸シート ヒアロディ―プパッチの針に含まれてる成分です。どんな効果が期待できるのか副作用はないのかチェックしてみました。
プラセンタエキス(ウマ由来)
プラセンタエキス(ウマ由来)は貼って刺すマイクロニードル式のヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」の針に含まれれている成分です。どんな効果があり副作用がないのかわかりやすく説明しています。
アデノシン
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されている美容成分アデノシンに期待される効果と気になる副作用を調べました。
マンニトール
ヒアロディ―プパッチのニードルや化粧品に含まれている成分、マンニトールの効果と副作用についてわかりやすく説明しています。