マンニトール

マンニトールがヒアロディープパッチに配合されてる理由

マンニトールは刺すヒアルロン酸ヒアロディ―プパッチの針に含まれている成分です。どんな効果を期待して配合しているのか、副作用の心配はないのかを検証しました。

 

 

マンニトールとは

 

糖アルコールの仲間でヨーロッパなどで自生するモクセイ科のマンナトネリコの白い樹液【マンナ】から名づけられた。甘みがあり低カロリーでビタミンやミネラルなどが豊富にふくまれています。日本の化粧品に配合する時はマンナトネリコのマンナではなくサトウキビやサトウ大根などから精製したショ糖から還元したりトウモロコシから抽出されたものが多いでしょう。

 

マンニトールを化粧品に配合されることで期待できる働きをわかりやすくいうと乾燥対策=保湿です。その他、一緒に配合されるビタミン類、アミノ酸などの他の成分を安定した状態にさせる働きを利用することもあります。

 

油性の成分ともよくなじみますので化粧水やクリーム、乳液、クレンジングなどに配合されています。

 

マンニトールの副作用

 

 

もともと天然の植物由来のサトウキビやサトウ大根という植物から抽出されたエキスを原料にしてますし、甘さがある成分なので飴やお菓子などの食品の甘味料としても添加される成分です。マンナトネリコの樹液から抽出されるマンニトールは医薬品にも利用されています。

 

化粧品に配合される場合の毒性や副作用などの心配もほとんどないでしょう。

 

 

 

それでも反応には個人差だけでなくその時期の体調や季節の変化も関わってきます。デリケートな肌質や気になる場合はパッチテストなどをして確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

関連ページ

ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディーウパッチ」に配合されている成分の一つヒト遺伝子組換ポリペプチド-11について解説。
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1とは。マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」に配合されている美容成分の効果と副作用を紹介。
ヒアルロン酸Na
マイクロニードルパッチのニードル(針)の部分に含まれている成分について効果と副作用を調べてみました。
加水分解コラーゲン
加水分解コラーゲンは貼って刺すヒアルロン酸シート ヒアロディ―プパッチの針に含まれてる成分です。どんな効果が期待できるのか副作用はないのかチェックしてみました。
プラセンタエキス(ウマ由来)
プラセンタエキス(ウマ由来)は貼って刺すマイクロニードル式のヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」の針に含まれれている成分です。どんな効果があり副作用がないのかわかりやすく説明しています。
アデノシン
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されている美容成分アデノシンに期待される効果と気になる副作用を調べました。
アスコルビン酸Na
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されているアスコルビン酸Naについて効果と副作用をわかりやすく検証しています。
トコフェロール
トコフェロールはマイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されている美容成分です。 どんな効果があるのか副作用はないのか調べてまとめています。
ユビキノン
ユビキノンの効果と副作用についてわかりやすくまとめています。