アデノシン

アデノシンがヒアロディープパッチに配合されてる理由

アデノシンが刺すヒアルロン酸シート【ヒアロディープパッチ】のニードルに含まれてることがわかったので、その理由について調べたことをまとめてみました。

 

アデノシンとは

 

ヒアロディ―プパッチなどの化粧品に含まれているアデノシンですが、どのような効果を期待して配合されてるのでしょうか?副作用についても気になりますね。

 

結論をいうと人の体内にもともと存在しているものです。すでに厚生労働省から医薬部外品としてみとめらてれるものなので副作用などの心配はかなり少ないということ。逆に減少していくことで老化が目立ってくる可能性の方が心配です。

 

アデノシンもコラーゲンなどの他のエイジング成分と同様に加齢やいろんなダメージでその生成量は減少していくことが分かっています。若返りの為には外から補充する必要がありますね。

 

このアデノシンは特に資生堂が力を入れている成分でアデノゲンという育毛剤に配合されています。育毛を促進してくれるFGF-7を生成をうながす働きがありSOD(核酸)の仲間でもあります。

 

アデノシンの美容効果

 

 

アデノシンに期待できる働きは育毛だけではありません。美容に対しても細胞を元気にしたり抗炎症、血行促進の働きを発揮してくれます。アデノシンによって真皮層の線維芽細胞を刺激しFGF-7の再生が高まる、ということが期待できます。

 

線維芽細胞が若いころのように活発になればコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの生成も活発になりハリがよみがえると言われてます。その他、衰えていたターンオーバーも活発になり、血流アップも期待できますアデノシンには抗炎症の働きもあるなど美肌に導く作用がたくさんあることがわかりました。

 

アデノシンの副作用について

 

もともと人間ならだれでも皮膚の内部に持ているものですし厚生労働省には2004年に医薬部外品として承認されてますので安全です。

 

今現在、わかってるだけでも副作用やトラブルの報告はありません。それでも100%ということはないので敏感だったり季節の変わり目で調子が悪い時などはパッチテストをしておくことをお勧めします。

 

 

 

 

関連ページ

ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディーウパッチ」に配合されている成分の一つヒト遺伝子組換ポリペプチド-11について解説。
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1とは。マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」に配合されている美容成分の効果と副作用を紹介。
ヒアルロン酸Na
マイクロニードルパッチのニードル(針)の部分に含まれている成分について効果と副作用を調べてみました。
加水分解コラーゲン
加水分解コラーゲンは貼って刺すヒアルロン酸シート ヒアロディ―プパッチの針に含まれてる成分です。どんな効果が期待できるのか副作用はないのかチェックしてみました。
プラセンタエキス(ウマ由来)
プラセンタエキス(ウマ由来)は貼って刺すマイクロニードル式のヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」の針に含まれれている成分です。どんな効果があり副作用がないのかわかりやすく説明しています。
マンニトール
ヒアロディ―プパッチのニードルや化粧品に含まれている成分、マンニトールの効果と副作用についてわかりやすく説明しています。
アスコルビン酸Na
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されているアスコルビン酸Naについて効果と副作用をわかりやすく検証しています。
トコフェロール
トコフェロールはマイクロニードルの刺すヒアルロン酸シートに配合されている美容成分です。 どんな効果があるのか副作用はないのか調べてまとめています。
ユビキノン
ユビキノンの効果と副作用についてわかりやすくまとめています。