加水分解コラーゲン

加水分解コラーゲンとは

加水分解コラーゲンについてわかりやすく説明しています。

 

 

加水分解コラーゲンは貼って刺すマイクロニードル式のヒアルロン酸シート「ヒアロディープパッチ」の針に
含まれてるのですが期待できる効果はどのようなものか気になりますね。

 

 

さっそく調べてみました。

 

加水分解kもラーゲンは別名があって低分子コラーゲン」「コラーゲンペプチド」ともいいます。

 

メーカーによっていろんな表記がされてるので、たくさん種類があるのかと思うかもしれません。

 

通常のコラーゲンを寄り浸透しやすくするために加水分解という仕組みを使って
分子サイズを小さくしたものです。

 

小さくなるので浸透度が高くなるだけでなく吸収率も高くなってくれるので
肌の奥でコラーゲンの働きがアップすることが期待できますね。

 

低分子(加水分解)コラーゲンよりもサイズがさらに小さいものがナノコラーゲンですが
あまりにも小さいと奥まで入り過ぎて負担タトラブルの原因になることがあります。

 

 

加水分解コラーゲンに期待できる効果

 

コラーゲンというのはヒアルロン酸などと並んでお肌に必要な保湿成分の一つです。
もともとはタンパク質の一種なのでヒアルロン酸のように保水力だけでなく
肌の弾力にも大きな関わりがあります。

 

 

人の皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」に分類されますが、その中で
一番広い範囲を形成してるのが真皮層です。

 

その真皮層の中で一番と言っていいほどの存在がコラーゲンなんですね。
真皮層の約7割をコラーゲンが占めているそうです。

 

 

コラーゲンは保湿だけでなく肌の奥の弾力を担ってるので、減少してくると
ハリが低下し、たるみやシワを引き起こす原因になってしまいます。

 

年齢が高くなったり、紫外線をもろに浴びてダメージを受けてしまうと
コラーゲンの生成が衰え減少していきます。

 

 

加齢によってコラーゲンの生成は20代の頃に比べると40代50代では
半分前後に減っていくのが現実です。

 

 

コラーゲンは表皮を支える基礎のような役割をするので基礎が崩れると
表皮も崩れてしまうということですね。

 

逆を言えばコラーゲンがたっぷりあるお肌はみずみずしくハリがあり
キュッと引き締まった若々しい肌、ということになります。

 

 

赤ちゃんや子供の肌にたるみやシワがないのはmコラーゲンだけでなく
ヒアルロン酸やセラミド、エラスチンという成分がたっぷりあるからなんですね。

 

 

コラーゲンをマイクロニードルで注入するメリット

 

 

コラーゲンはヒアルロン酸とともに分子サイズが大きい成分の代表的な存在なので
化粧水や美容液などに配合していても通常は奥まで浸透しないと言われています。

 

 

マイクロニードルなら針の長さに導かれて角質層の一番深部周辺に届くでしょう。

 

そこで溶けて吸収されるので塗るよりも効果的と言われます。
さらにマイクロニードルで皮膚に刺激が伝わりコラーゲン生成の働きがアップするので
まさに一石二鳥の効果が期待できますね。

 

 

加水分解コラーゲンの副作用が気になる

 

加水分解コラーゲンに副作用はないでしょうか?コラーゲンはもともとタンパク質なので
アレルギー体質にとっては気になるところですが、基本的には問題は少ないと言われてます。

 

それでもお肌には個人差がありますし、体調や季節によっても変化するので
100%安全ということはないでしょう。

 

 

加水分解コラーゲンが配合されてるコスメを使う際はある程度の注意は必要です。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11
マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディーウパッチ」に配合されている成分の一つヒト遺伝子組換ポリペプチド-11について解説。
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1とは。マイクロニードルの刺すヒアルロン酸シート「ヒアロディ―プパッチ」に配合されている美容成分の効果と副作用を紹介。
ヒアルロン酸Na
マイクロニードルパッチのニードル(針)の部分に含まれている成分について効果と副作用を調べてみました。