ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-11はFGF

 

 

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-11はもともとヒトオリゴペプチド-13と言われてましたが
最近になって表記名が変更されました。

 

 

美容に詳しい方ならFGFといった方がわかりやすいかもしれませんね。

 

FGFもEGEと同様、成長因子(グロースファクター)のことです。

 

 

EGFもそうですが、FGFもケガで損傷した肌を始めニキビ跡の治療に利用されルように
細胞を活性化させる働きがある成長因子です。

 

 

FGFは184個のアミノ酸の結合でできている成分で誰のからだにもあり、線維芽細胞の中で
コラーゲンやエラスチンなど肌のハリに欠かせない成分の生成に関わっています。

 

年齢が高くなると減少していき、肌のハリが低下していきます。

 

 

美容外科などでは肌のくぼみや深いシワ部分に直接注入するFGF注射が人気です。

 

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-11(EGF)をマイクロニードルの針の中に配合した
ヒアルロン酸シートは【ヒアロディープパッチ】です。